ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > JASRACについて
  3. > JASRACとは
  4. > JASRACの業務
  5. > 利用の許諾から使用料の分配

利用の許諾から使用料の分配

JASRACが管理する音楽作品をご利用になる時には、JASRACに利用の申込みをし、許諾を受けたうえで、「使用料規程」にもとづき所定の使用料をお支払いいただくことになります。
使用料規程は、演奏、放送、出版(楽譜など)、録音(CDなど)、映画録音(映画・DVDなど)、有線放送、貸与(CDレンタル)、インタラクティブ配信(ネット配信)などの利用区分ごとに、使用料率(額)を細かく定めています。 使用料規程は、文化庁長官に届け出る必要がありますが、JASRACでは使用料を定めるときには必ずそれぞれの分野の利用者団体などと協議のうえ、使用料を定めています。

一方、利用者の方からお支払いいただいた使用料を作詞者・作曲者など関係権利者の方に正しく分配(使用料の送金)することもJASRACの大切なつとめです。使用料の分配方法については、「著作物使用料分配規程」に定められています。

使用料の分配は、利用者の方から手続きの際に報告いただく「利用曲目報告書」(利用した音楽のリスト)がベースになります。ただし、飲食店での生演奏のように毎日、継続して音楽を大量に利用する場合は、統計学の手法でサンプリング調査を実施し、利用状況を反映させた精度の高い資料を作成して、権利者の方に使用料を分配します。

権利者の方への分配は、明細を付けて年4回定期的に分配しており、その際、文化庁長官に届け出た「管理手数料規程」に定める料率の範囲内で手数料(実費相当額)を控除し、JASRACはこの手数料を運営費用にあてています。なお、JASRACでは、手数料収入が運営費用を上回った場合は、「収支差額金分配規程」にもとづき翌年度権利者に分配します。

[図]利用の許諾から使用料の分配

このページの上部へ