ジャスラの音楽著作権レポート 著作権やJASRACについて学ぼう!
  音楽出版社の仕事
音楽出版社の仕事
音楽出版社は曲の著作権管理から宣伝(プロモーション)、CDの制作まで幅広い仕事を行っています。
[参考ホームページ]
(社)音楽出版社協会
http://www.mpaj.or.jp/
著作権の管理
音楽出版社は作詞家・作曲家と契約を結んで、「著作権の管理」を行っています。この契約では、音楽出版社は作詞家・作曲家の持っている「著作権」をゆずり受けます。

著作権をゆずり受けた音楽出版社が、自分の会社で直接「音楽を使う人」に許可したり、使用料をもらうこともできますが、多くの場合、その著作権をJASRACなどの著作権を管理する団体(会社)に預けています。
詳しくは、「JASRACのしごと」のコーナーで説明します。

「音楽を使う人」から支払われる著作権の使用料を受け取り、作詞家・作曲家へ分配する(渡す)までの手続きを正確に行うことが、音楽出版社の仕事の一つです。
このような仕事を、一般に「著作権の管理」と呼んでいます。
 
宣伝(プロモーション)
レコード会社はCDという商品の宣伝をメインにしているのに対し、音楽出版社は作詞家・作曲家の作った曲そのものを宣伝します。
作詞家や作曲家の作った曲が、CDに収録されたり、テレビで放送されたり色々なところで使われるように、レコード会社やテレビ局、ラジオ局などへの宣伝を行います。
CDをつくる(原盤制作)
音楽出版社も、レコード会社と同じように作詞家や作曲家が作った音楽をレコーディングし、CDの元になるマスターテープ(原盤)を作ります。原盤を製作するまでには、スタジオ代や機材代などたくさんの費用がかかります。
この費用はレコード会社と歌手(バンド)の所属するプロダクションが共同でお金を出し合うこともあります。レコード会社のところでも説明しましたが、原盤をつくる会社は「レコード製作者」という立場で著作隣接権という権利をもっています。
前へ 閉じる

作詞家・作曲家の仕事 レコード会社の仕事 ミュージシャンの仕事