2012年2月17日
日本音楽著作権協会

使用料規程の変更(第3節映画)に関するお知らせ

当協会は、使用料規程第2章第3節映画の一部(1録音及び映画の備考)変更について、利用者団体との協議、意見聴取を経て、同規程の変更の届出を文化庁長官に行いましたので、著作権等管理事業法第13条第3項に基づき、使用料規程の概要を公表します。

本規定は2012(平成24)年4月1日から実施予定です。

第3節 映画(PDF:78KB)

なお、同節2上映の規定は、この度の改定において変更はありません。
ただし、2上映(3)「製作者又は配給業者が映画の上映について契約を締結する場合の当該映画の上映使用料は、プリント1本につき録音使用料の20/100とする。」については、今回の録音使用料の改定が及ぼす影響を考慮し、当分の間20/100を5/100と読み替えて取り扱うこととします。

以上