参加いただいている著作者からのメッセージ

  • REMさんからのメッセージ
    あれから3年。でもどれだけ時を経ても癒えない傷もあるはず。当時連日の報道に胸を痛め、祈る事しか出来ない無力感に苛まれる日々の中、このプロジェクトを知りました。所詮作家は書く事しか出来ないのです。他の方のように「頑張れ!」とは書けない。その言葉が酷な事を私自身が良く知っていて。そんな私が全身全霊、魂を削って書く事が出来た唯一の曲です。KOYOさんの素朴で清らかな歌声のお陰で、誰にも届かない祈りが、誰かの傷ついた心に寄り添える「歌」の形になりました。この歌を必要とする全ての方々に。この歌が届く事を願っています。

著作者からのメッセージ一覧へ戻る