ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > 音楽をつかう方
  3. > インターネット上での音楽利用
  4. > ピックアップ
  5. > 海外向け配信について

海外向け配信について

海外での配信ビジネスについて
海外で着信メロディなどの音楽配信サービスを行う場合は、配信予定楽曲がJASRAC管理楽曲であっても、JASRACと相互管理契約を締結しているその国の音楽著作権管理団体や、その地域での権利を有している音楽出版者などに許諾を得なければなりません。
そこでご注意いただきたいのは、携帯電話やインターネットなどネットワーク上の音楽利用は、著作権のうち演奏権(performing rights)・録音権(mechanical rights)が複合的に働く利用であり、両方の権利について許諾を得る必要があるということです。JASRACはそのいずれの権利をも管理しておりますので、一度の手続きで両方含めた許諾を発行できますが、他の国では多くの場合、演奏権と録音権の権利者が異なり、それぞれに手続きが必要です。
このような状況を踏まえて、海外での配信ビジネスプランを立てる際には、権利処理について事前によくご確認いただくようお願いいたします。
国境をまたぐ配信について
国境をまたぐ著作物の利用に関しては、許諾方法に一定のルールがないため、特定国向けの配信と同様、原則として各サービス地域における許諾を得ていただく必要があります。
サービス内容によっては、JASRACで海外向け配信を含めた許諾を行うことができるか検討し、当事国の著作権管理団体と個別に取り扱いを定める場合もありますので、送信部ネットワーク課までご相談ください。
お問い合わせ

JASRAC送信部ネットワーク課

メールフォーム

このページの上部へ