ページ内移動用のメニューです。


デジタルサイネージでの上映等

対象となる利用方法

駅、空港や列車内等の交通機関、街頭や商業施設等に設置したデジタルサイネージにおいて、管理著作物を利用したCMや商品告知等の映像コンテンツを上映する場合が対象となります。

使用料

ディスプレイ1台あたりの使用料は、上映回数によって、以下の1または2いずれかの方法により算出します(別途消費税相当額を加算)。

  1. 上映回数1,000回まで
    1. 120円(上映1回当りの使用料)×放映回数
    • 上映回数が10回を上回る場合は、以下のとおり回数を参酌します。
      1. (1)100回まで:上映回数×90%
      2. (2)101〜1,000回:上映回数×80%

    上映回数1,000回の場合、(1)90回+(2)720回=810回が参酌回数となります。
    この場合の使用料は、120円×810回=97,200円となります。

  2. 上映回数1,000回超
    1. 以下のいずれかの方法により算出します。
    2. (1)公表された媒体費(放映料)※の5%(1との合算額ではありません)
      但し、最低使用料97,200円(=上映回数1,000回のときの使用料)
      • 媒体費(放映料)は、実際の取引額ではなく、媒体自らまたは媒体が加盟する団体が公表している価格です。
        媒体費が公表されていない場合は、(2)の使用料が適用されます。
    3. (2)1の使用料(97,200円)に、放映回数1,000回までを超えるごとに1,200円を加算します。
      上映回数32,500回の場合、97,200円+(32,500回-1,000回)÷1,000※×1,200円=135,600円
      ※ 小数点以下は切り上げ

使用料算出上の注意点

  1. 上映回数の計算単位
    • 同一構内または同一ネットワーク内での利用の場合は、それぞれのディスプレイの上映回数を合算したものをディスプレイ1台あたりの上映回数とみなします。
  2. 端末台数の参酌
    • 同一場所に複数のディスプレイを設置して上映する場合は、設置状況によりディスプレイ台数を参酌します。(1本の柱に複数のディスプレイを設置する場合は、1台換算となります。)
  3. 許諾期間
    • 許諾期間はコンテンツを上映する連続した期間で、最大1年間です。
    • 上映終了後に再度上映する場合や上映期間が1年を超える場合は、別途手続きが必要です。
  4. デジタルサイネージ内での複製等の取扱い
    • コンテンツを他媒体へ複製できない状態とし、かつ上映終了後にデータを削除することを条件に、許諾にデジタルサイネージ内のハードディスクやSTB(セットトップボックス)への複製を含めます。ただし、CM等広告目的の利用に伴う複製については、別途ご申請が必要です(詳細はこちらをご参照ください)。

手続き

必ず上映開始前に申込手続きをお取りください。

手続きの流れ

STEP1申込書類のご作成(映像ソフト上映利用申込書・映像ソフト上映利用明細書)

郵送希望の方 担当支部へご連絡ください
支部連絡先一覧

ダウンロードご希望の方
ダウンロードはこちらから

STEP2申込書類のご提出 ※利用開始の5日前まで

提出方法 : 1.FAX 2.郵送 3.支部窓口に提出

  • プログラムやチラシを制作している場合は、申込書類とあわせてご提出ください。

STEP3JASRACより許諾書と請求書をお届けします

お支払い

お手元に届いた請求書に記載された金融機関へ支払期日までに使用料をお振込みください。なお、振込手数料はご依頼人の負担となりますのでご了承ください。

振込依頼書をご利用にならない方へのお願い
ATM・ネットバンキングなどを利用してお支払いされる場合、「ご依頼人名」欄には「請求書番号」・「ご名義」(団体名のある場合は団体名)を順に入力してください。

分配

JASRACは、お支払いいただいた使用料を、入金日により年2回の分配期にまとめ、作品の権利者に送金します。

海外の著作権団体に所属する権利者の方へは、国内の分配期の1ヶ月後に各国の所属団体に送金されます。

お問い合わせ

担当支部までご連絡ください。

連絡先一覧はこちら

FAQページに、よくあるご質問と回答を掲載しております。そちらをご覧いただき、解決しなかった場合は、各カテゴリーページ下部の[お問い合わせ]より、メールでお問い合わせいただくことができます。

このページの上部へ
音楽をつかう方

手続きのご案内