ページ内移動用のメニューです。


映画上映会

このページでは、主に映画会社(製作会社、配給会社)から提供を受けた上映用媒体(フィルム、DCP等)で行う上映会について、主催する方から手続きをいただく場合のご案内をしております。映像作品の内容が映画であっても、上映用媒体が業務用DVDなどビデオグラム録音により製作されたものである場合は、「ビデオ上映会」のページをご覧ください。

手続き

お手続きの前にこちらをお読みください。

手続きの流れ

STEP1申込書類のご作成(外国映画上映利用申込書・映画上映利用明細書)

郵送希望の方 担当支部へご連絡ください
支部連絡先一覧

ダウンロードご希望の方
ダウンロードはこちらから

STEP2申込書類のご提出 ※開催日の5日前まで

提出方法 : 1.FAX 2.郵送 3.支部窓口に提出

  • プログラムやチラシを制作している場合は、申込書類とあわせてご提出ください。

STEP3JASRACより許諾書と請求書をお届けします

映画上映について、上映会を主催する方から手続きをいただく場合
  • 全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)加盟の映画館以外で洋画を上映する場合
  • 上映場所に係らず、映画上映について許諾手続きが完了していない上映用媒体(フィルム、DCP等)の提供を受けて上映する場合(映画上映許諾手続が完了しているか、提供元にご確認ください)。

使用料

使用料規定では、映画上映会でのご利用に2つの計算方法を設けています。

  1. 上映期間が短い場合:会館などでの数日間の上映など
    算定基準:入場料・上映場所の定員数・映画の種類
    算定方法:算定基準による映画1本上映1回あたりの単価×上映回数
  2. 上映期間が継続的な場合
    上映回数・期間が長期に渡る場合は、年間の包括的な利用許諾契約を締結していただくこともできます。担当支部までご相談ください。
使用料の計算例

類別「その他」の場合は、上表の使用料の30/100の額となります。

  • 定員:800名の多目的ホール
  • 類別:一般娯楽(劇場用映画およびコンサート、ミュージカル、演劇などの催物等を収録したもの)
  • 入場料:1,000円
  • 1日2回・3日間の上映会を開催

基準となる映画1本上映1回当たりの使用料は、2,800円となります。
(右表をご参照ください)

2,800円×2回×3日=16,800円
(別途、消費税相当額が加算されます)

お支払い

お手元に届いた請求書に記載された金融機関へ支払期日までに使用料をお振込みください。なお、振込手数料はご依頼人の負担となりますのでご了承ください。

振込依頼書をご利用にならない方へのお願い
ATM・ネットバンキングなどを利用してお支払いされる場合、「ご依頼人名」欄には「請求書番号」・「ご名義」(団体名のある場合は団体名)を順に入力してください。

分配

JASRACは、お支払いいただいた使用料を、入金日により年2回の分配期にまとめ、作品の権利者に送金します。

海外の著作権団体に所属する権利者の方へは、国内の分配期の1ヶ月後に各国の所属団体に送金されます。

お問い合わせ

担当支部までご連絡ください。

連絡先一覧はこちら

FAQページに、よくあるご質問と回答を掲載しております。そちらをご覧いただき、解決しなかった場合は、各カテゴリーページ下部の[お問い合わせ]より、メールでお問い合わせいただくことができます。

このページの上部へ
音楽をつかう方

手続きのご案内