JASRAC社団法人日本音楽著作権協会
お手続きが不要となる場合
開催されるイベントが、以下の1又は2に該当する場合、JASRACへのお手続きは不要となりますが、その旨を確認させていただきたく、担当支部までご連絡いただきますようお願いいたします。
 
1. JASRACの管理作品を利用していない場合
JASRACの管理作品はJ-WIDにて検索することができます
(1) 著作権の保護期間が消滅している作品
著作権の保護期間は、原則として著作者の死後50年間です。
(「戦時加算 」の対象となる著作者の作品は約60年間)
この保護期間にある作品を著作者の許可なく改変・編曲する事はできません。必ず著作者から事前に許可を得てください。
原曲の著作権が消滅していても、編曲や訳詞が付された作品を利用される場合、編曲者や訳詞者の著作権の保護期間内にあり、お手続きが必要となる場合がありますので、J-WIDで検索いただくか、担当支部までお問い合わせください。
(2) JASRACに管理が委託されていない作品のみをご利用になるとき
作詞者、作曲者がJASRACと信託契約を締結していない場合でも、作品ごとに音楽出版者を通じてJASRACに管理を委託しているケースがありますので、J-WIDで検索いただくか、担当支部までお問い合わせください。
JASRACが管理してない作品の場合、別途、当該作品の権利者に直接許諾を得てください。

2. 著作権法第38条1項の規定により、自由利用が認められる場合
以下の(1)〜(3)の要件をすべて満たすとき
(1) 営利を目的としない
(2) 聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもってするかを問わず、著作物の提供又は提示に付き受ける対価)を受けない
(3) 実演家に報酬が支払われない

ただし、次に掲げる場合などは、「自由利用が認められる場合」に該当せず、許諾のお手続き、使用料のお支払いが必要となります。ご自身のケースが該当するかどうか分からない場合や、その他ご不明な点がございましたら、担当支部までお問い合わせください。
(1) 次の方が主催又は共催などの形で催物を行っているとき
営利法人
営利を目的とする団体又は個人
非営利法人であっても収益事業の中で利用する場合
(2) (1)に掲げた法人などが後援、協賛などの形で催物に関与している場合であっても、実態はそれらの法人などが主体的に催物を行っているとき
(3) 入場料(名目を問わない)があるとき、あるいは、会員の家族、友人などへの配布を目的とした整理券を会員間などに有料で配布し、その整理券がなければ入場できないとき
(4) 特定の商品や、プログラムなどを購入した方でなければ入場できないとき
(5) 年会費などの会費を徴収し、それらの会費を納めた方でなければ入場できないとき
(6) 出演者(実演家)に報酬が支払われるとき、あるいは、出演者(実演家)に交通費・宿泊費の実費を超える金銭、または常識的範囲を超える弁当代、もしくは物品等が渡されるとき
(7) (6)のような直接的な報酬が無い場合でも、当該実演家のCD、カセットテープなどの買取り、即売など実演家の収益につながるようなサービスを条件に実演家(歌手、演奏者等)が出演するとき
×閉じる
copyright