JASRAC社団法人日本音楽著作権協会
注意事項(映像利用申込に際して)
1.利用許諾条項の遵守
JASRACが管理する音楽著作物をDVD、Blu-ray Discなど(以下、「映像ソフト」といいます。)に録音利用される場合、または輸入の時点で著作権処理を必要とする映像ソフトを海外から輸入される場合は、JASRACの定める利用許諾条項(PDF:171KB)の履行を承諾のうえ、お申込みください。
なお、手続きを取らずに利用した場合、無断製造された映像ソフトを回収・廃棄のうえ、民事上の責任のほか刑事上の責任を問われることがあります。必ず音楽をご利用になる前に申込手続を行ってください。
2.編曲・訳詞・替歌を行っての利用
著作者・著作権者の許可なく編曲・訳詞・替歌など作品を改変する行為は、著作者人格権(同一性保持権)および翻案権等の侵害となるおそれがありますのでご注意ください。
また、改変を伴わない場合でも、著作者の名誉・声望等を害するような方法で著作物を利用すると、著作者人格権の侵害とみなされますのでご注意ください。
3.広告目的の利用
宣伝、広報などの広告目的で上映、配布するための制作物に録音する場合には、「広告目的複製」の利用申込手続きが必要です。
→ 広告目的の録音物・映像ソフト・出版物などの制作
4.動画を伴うゲームへの利用
動画を伴うゲームに録音する場合には、「ゲームの製作」の利用申込手続きが必要です。
→ ゲームの製作
5.外国作品の利用
外国作品をご利用になる場合には、申請いただく前に当該録音権を管理している日本国内の音楽出版者に、JASRACにお支払いいただく使用料(基本使用料)をご確認ください(一部例外曲あり)。 音楽出版者の連絡先がご不明な場合は、電話番号をご案内いたしますので、作品データベース(J-WID)にて楽曲を検索し、作品コードをビデオグラム課までご連絡ください。
6.市販の音源の利用
市販されているCDやダウンロードした音源など、第三者が製作した音源をご利用になる場合は、JASRACへの申込前に、レコード会社などから許諾を得てください(著作隣接権)。
7.JASRAC非管理楽曲、著作権消滅曲の利用
JASRAC非管理楽曲をご利用になる場合は、お申込者の責任において、当該楽曲の権利者の許諾を得てください。
なお、お申込みの際は、正確な著作物使用料算定のため、JASRAC非管理楽曲、著作権消滅楽曲も含め、収録されるすべての楽曲をご報告ください。
8.専属楽曲の利用
映像ソフトの内容が「音楽」、または「カラオケ」の場合で、作詞者・作曲者がレコード会社と契約を締結している専属楽曲をご利用になる場合は、お申込者の責任において、JASRACへの申込前に当該レコード会社の許諾を得てください。
9.録音禁止楽曲
録音を禁止している楽曲がありますのでご確認ください。⇒日本における録音禁止楽曲
10.サンプル版
無償で頒布するサンプル版も手続きが必要となりますので、お申込みの際は、サンプル版も含めた製造数をご報告ください。
11.海外製作映像の利用
海外で製作された映像ソフトを原盤として、日本において複製・頒布する映像ソフトのお申込みの場合は、「基本使用料処理済」であることを証する資料を添えてお申込みください。
12.上映利用
利用許諾を得た映像ソフトの上映にあたって上映権が及ぶ場合には、別途ビデオグラム上映の申込手続が必要です。
・上映会、イベント、街頭ビジョンなどでの上映 ⇒上映場所を管轄する支部にお問い合わせください。
・販売促進のための店頭上映 ⇒JASRAC演奏部演奏業務課(TEL:03-3481-2161)にお問い合わせください。
13.歌詞カードの添付
映像ソフトに添付する歌詞カード、歌詞集を製作する場合には、別途「出版」の利用申込手続きが必要です。⇒出版物などの製作
14.静止画に伴う楽曲の利用
動画が含まれず、スライドショーなどの静止画にのみ楽曲をご利用になる場合には、「映像ソフト」ではなく、「録音物」の利用申込手続きが必要です。⇒CD・テープ・ICなど録音物の製作
15.事前相談が必要となる映像ソフト
以下のものを製造される場合にはビデオグラム課までご相談ください。
映像配信用媒体への録音、スライドショーなどの静止画との併用、収益分配システムにおけるレンタル用ビデオグラム(PPTなど)への録音、CDや書籍との同梱製品
16.その他
その他、「よくある質問」はこちらをご覧ください。
×閉じる
copyright