JASRAC日本音楽著作権協会
編曲権・翻案権・翻訳権(著作権法第27条の権利)
既存の音楽作品を、編曲したり、替歌にしたり、詞を翻訳するなど、改変して公表する場合には、事前に原作品の著作権者の許諾を得る必要があります(著作権法第27条)。
JASRACは、これらの権利については管理委託を受けていないため、音楽出版者などの著作権者から、直接、許諾を得ていただくことになります。
まず作品データベース「J-WID」でご利用になる作品の権利者をお調べのうえ、直接音楽出版者にご確認ください。権利者に音楽出版者が入っていない、もしくは音楽出版者の連絡先がわからない場合は、JASRACインフォメーションデスク(TEL 03-3481-2125)へお問い合わせください。
なお、これらの権利について許諾が必要な場合、著作者人格権のひとつである同一性保持権についても注意が必要です。
→ 著作権法全文


×閉じる
 
Copyright