ページ内移動用のメニューです。


大学への寄附講座など

JASRACは著作権や関連ビジネスに精通した人材の育成に寄与するため、各大学において寄附講座などを開講しています。

2016年度

寄附講座

東京大学大学院

法学政治学研究科において「著作権法等奨学研究会(JASRAC)」を2005年から実施しています。
「研究部門」に寄附することで、知的財産制度に関するわが国の最先端かつ最高レベルの調査・研究を支援するとともに、若手研究者の育成に貢献していくことを目的とした事業です。
研究の一環として実施する「東京大学著作権研究会」では、若手研究員と知的財産分野の第一人者である裁判官、弁護士等の法曹関係者等が結集し、著作権法とこれに関連する諸法律との関係等について活発な議論が繰り広げられています。
また、研究成果の一部は、法律専門誌「ジュリスト」に逐次掲載されています。

「東京大学著作権研究会」

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/6/27 著作権の消尽について 中村合同特許法律事務所 吉田 和彦
2016/10/27 ゴーストライターをめぐる諸問題 金井法律事務所 金井 重彦
2016/12/21 著作物の独占的ライセンスに関連する近時の裁判例について 長島・大野・常松法律事務所 松田 俊治
2017/3/27 AI及びビッグデータを利用したビジネスに関する著作権その他の法的保護 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 山内 真之

立教大学

春学期(4〜7月)及び秋学期(9〜1月)に、音楽文化とメディアの今後について、「著作権」を軸として考えるための知識・視点の獲得を目的に、以下の講座を開講しました。

JASRAC寄附講座「音楽文化とメディアのこれから」
■春学期

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/4/12 イントロダクション 立教大学教授 砂川 浩慶
2016/4/19 JASRACの存在意義・役割・業務 JASRAC常務理事 北田 暢也
2016/4/26 大学生のための著作権基礎知識 JASRAC業務本部審議職 西山 伸一
2016/5/10 著作権制度の仕組み 弁護士(元フジテレビ) 田中 慈乃
2016/5/17 ドキュメンタリーと音楽 映画監督 池谷 薫
2016/5/24 音楽雑誌からみた音楽文化 音楽ライター 君塚 太
コンサートプロモーターズ協会 鬼頭 隆生
2016/5/31 音楽・メディア・著作権① 弁護士 福井 健策
2016/6/7 音楽・メディア・著作権② 弁護士 福井 健策
2016/6/14 演奏家にとっての著作権制度① 演奏家権利処理合同機構(MPN)
理事長 椎名 和夫
2016/6/21 演奏家にとっての著作権制度② 演奏家権利処理合同機構(MPN)
理事長 椎名 和夫
2016/6/28 音楽ビジネスと著作権 ホリプロ代表取締役社長 堀 義貴
2016/7/5 映画と音楽文化 日本テレビ編成局ゼネラルプロデューサー 奥田 誠治
2016/7/12 テレビにおける著作権 フジテレビジョン編成制作局 編成情報センター
調査役 千葉 晋也
2016/7/19 まとめ 立教大学教授 砂川 浩慶

■秋学期

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/9/20 イントロダクション 立教大学教授 砂川 浩慶
2016/9/27 JASRACの存在意義・役割・業務 JASRAC常務理事 北田 暢也
2016/10/4 テレビ番組のアーカイブと著作権 NHKエンタープライズ 加藤 久仁
2016/10/18 ドキュメンタリーと音楽・〜実際の作品を観て・『蟻の兵隊』上映会〜 映画監督 池谷 薫
2016/10/25 CMと音楽 CMディレクター 中島 和哉
2016/11/8 テレビ局にとっての著作権制度① 元TBSテレビ ライツ推進部長 植井 理行
2016/11/15 テレビ局にとっての著作権制度② 元テレビ朝日 著作権部長 高橋 英夫
2016/11/22 音楽の魅力について 作曲家・JASRAC理事 千住 明
2016/11/29 ライブコンサートができるまで コンサートプロモーターズ協会
会長 中西 健夫
2016/12/6 音楽番組を読み解く テレビ神奈川コンテンツ局長 熊谷 典和
2016/12/13 サブカルチャーとテレビ 批評家 宇野 常寛
2016/12/20 ニュースキャスターとは BS‐TBS 松原 耕二
2017/1/10 放送で感じたことばの力 元NHKアナウンサー 村上 信夫
2017/1/17 まとめ 立教大学教授 砂川 浩慶

常磐大学

秋学期(9〜1月)に、司書、学芸員、デジタルアーカイブクリエイターなどを対象として、著作権に関する知識の獲得を目的に、以下の講座を開講しました。

JASRAC寄附講座「著作権と情報倫理」

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/9/21 著作物の種類と著作権法 JASRAC常任理事 中戸川 直史
2016/9/28 デジタルアーカイブと著作権 岐阜女子大学学長 後藤 忠彦
2016/10/5 自分史と著作権 元九州共立大学副学長 三浦 清一郎
2016/10/12 最近の著作権法改正 弁護士・弁理士 藤川 義人
2016/10/19 研究と著作権 福岡教育大学教授 大和 淳
2016/10/26 オリンピックと権利問題 オリンピック組織委員会副事務総長 布村 幸彦
2016/11/2 大学経営と著作権 筑波大学副学長 吉川 晃
2016/11/9 メタデータと著作権 岐阜女子大学文化情報センター長 井上 透
2016/11/16 意思表示システムと生涯学習 島根大学生涯学習研究センター教授 仲野 寛
2016/11/30 ボランティア活動と著作権 イロイロ日系人会会長 Judgie Yanada Pilla
ダバオ日系人会元会長 Juseven Austero
常磐大学教授 池田 幸也
2016/12/7 著作権を踏まえた環境 教育教材の作成 常磐大学准教授 岡嶋 宏明
2016/12/14 被災地調査とデジタルアーカイブ① NHK解説員 早川 信夫
2016/12/21 被災地調査とデジタルアーカイブ② NHK解説員 西川 龍一
2017/1/11 日本・沖縄・フィリピンの歴史とデジタルアーカイブ 常磐大学教授 坂井 知志
2017/1/18 文化の創造と伝承の著作権 常磐大学教授 塩 雅之

横浜国立大学

秋学期(10〜1月)に、音楽産業を初めとした幅広いコンテンツ産業の現状と課題を知ることを目的に、以下の講座を開講しました。

JASRAC寄附講座「コンテンツ産業と法制度」

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/10/4 オリエンテーション 横浜国立大学成長戦略研究センター
客員教授 川瀬 真
2016/10/18 わが国の著作権制度の概要 横浜国立大学成長戦略研究センター
客員教授 川瀬 真
2016/10/25 わが国のコンテンツ産業の現状と課題 内閣府 知的財産戦略推進事務局 参事官 永山 裕二
2016/11/1 音楽産業の現状と課題 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役コーポレイトEVP(ライブビジネスグループ、ネットアンドメディアビジネスグループ統括) 妹尾 智
2016/11/8 映画産業の現状と課題 東宝(株)映像本部映画調整部契約管理室室長 小野田 光
2016/11/15 「貸レコード」の誕生と音楽産業 日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合
専務理事 若松 修
2016/11/22 タレント・マネージメントの現状と課題 日本音楽事業者協会専務理事(元吉本興業執行役員) 中井 秀範
2016/11/29 放送番組の制作と二次利用の現状と課題 日本放送協会 知財センター
専任局長 梶原 均
2016/12/6 出版産業の現状と課題 小学館マーケティング局
ゼネラルマネージャー 田中 敏隆
2016/12/13 キャラクター産業の現状と課題 (株)キャラクター・データバンク
代表取締役社長 陸川 和男
2016/12/20 音楽の集中管理の現状と課題 JASRAC常任理事 世古 和博
2017/1/10 コンテンツビジネスと国際契約・交渉 弁護士 小林 利明
2017/1/17 音楽産業 再成長のための組織戦略 尚美学園大学芸術情報学部音楽応用学科
准教授 八木 良太
2017/1/24 伝統芸能の現状と課題 国立文化財機構東京文化財研究所客員研究員(元文化庁文化財部主任文化財調査官) 齊藤 裕嗣
2017/1/31 最近の著作権制度の課題について 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院
准教授 田渕 エルガ

「公開セミナー」

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/11/7 音楽の力〜ビートルズが教えてくれたこと 音楽評論家・作詞家 湯川 れい子
2016/11/18 音声認識が拓く未来のコミュニケーション 株式会社アドバンスト・メディア
代表取締役会長兼社長 鈴木 清幸
2017/2/11 ミュージック・ツーリズムの日本への導入とその振興を考える 第1部:基調講演
「ミュージック・ツーリズムの概念と日本導入の可能性」
尚美学園大学芸術情報学部准教授 八木 良太
第2部:パネルディスカッション
■司会
横浜国立大学成長戦略研究センター客員教授 川瀬 真
■パネラー
エイベックス・トラベル・クリエイティブ株式会社
代表取締役社長 加藤 健
経済産業省文化情報関連産業課長 平井 淳
生尚美学園大学芸術情報学部准教授 八木 良太
よろずや観光株式会社
代表取締役社長 萬谷 浩幸

「コンテンツビジネス研究会」

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/6/17 外国映像コンテンツの日本における流通について デジタルハリウッド(株)代表取締役社長兼CEO
デジタルハリウッド大学大学院教授 吉村 毅
2016/7/22 デジタル時代の出版ビジネス 小学館デジタル事業局 ゼネラルマネージャー 田中 敏隆
2016/10/21 各種コンテンツ契約の勘所 弁護士 北村 行夫
2016/12/16 ライブエンターテイメントの現状と将来展望 舞台演出家・弁理士・尚美学園大学芸術情報学部舞台表現学科准教授 関 聡太郎
2017/1/27 恐竜のように死滅するか、それとも生き残れるのか〜デジタル時代の新聞社が抱える著作権問題〜 朝日新聞記者 赤田 康和

九州大学

11月12日〜13日、12月3〜4日の4日間、「クリエイティブ産業」を支える知的財産権制度などの諸制度について、理論と実践の両面から理解を深めることを目的に、以下の科目を開講しました。

JASRAC寄附科目「クリエイティブ産業と法」

開催日 テーマ 講師(敬称略)
2016/11/12 クリエイティブ産業の現代的諸相 九州大学大学院法学研究院准教授 小島 立
福岡の伝統工芸の現状と課題、その可能性 鴛海織物工場代表取締役社長 鴛海 伸夫
地域素材とその利活用 建築家、株式会社天工人主催、
一般社団法人地域素材利活用協会代表理事 山下 保博
デザイン思考、ソーシャルデザインとソーシャルマーケティング 株式会社マカイラ代表取締役、
元Google株式会社執行役員兼公共政策部長 藤井 宏一郎
2016/11/13 クリエイティブ産業を支えるファイナンス 九州大学大学院法学研究院教授 寺本 振透
スタートアップ支援におけるファイナンスのあり方 弁護士(森・濱田松本法律事務所) 増島 雅和
福岡におけるスタートアップ支援のためのファイナンスの現状と課題(仮題) QBキャピタル合同会社代表パートナー 坂本 剛
2016/12/3 クリエイティブ産業における知的財産権の役割(1) 九州大学大学院法学研究院准教授 小島 立
クリエイティブ産業における知的財産権の役割(2) 九州大学大学院法学研究院准教授 小島 立
音楽産業における著作権の役割 JASRAC常任理事 中戸川 直史
地域産品の展開における知的財産権の役割 地域産品の展開における知的財産権の役割
弁護士(山本&パートナーズ法律事務所) 山本 智子
2016/12/3 クリエイティブ産業における特区制度の役割 ティルブルク大学法学部教授 エリック・フェアミューレン
九州大学大学院法学研究院准教授 マーク・フェニック
日本語通訳
九州大学大学院法学研究院准教授 小島 立
福岡における「国家戦略特区」の現状について 福岡市総務企画局企画調整部部長(国家戦略特区等担当) 袴着 賢治
特区制度を活用した福岡のクリエイティブ産業の現状 特区制度を活用した福岡のクリエイティブ産業の現状
福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長 石丸 修平

放送大学

教養学部の「著作権法概論」を寄附科目として支援し、著作権法を体系的に学べる講義を前・後期合わせて30回実施(前期:2016年4月開講全15回、後期2016年10月開講全15回)しました。 主任講師: 作花 文雄、 吉田 大輔

テーマ
1 著作権制度の仕組み
2 著作物
3 著作者
4 著作者人格権
5 著作権(その1)
6 著作権(その2)
7 著作隣接権
8 権利の制限(その1)
9 権利の制限(その2)
10 著作権の保護期間と登録制度
11 著作物の利用
12 権利侵害に対する救済・制裁
13 著作権に関する条約
14 著作権制度の歴史
15 現代社会における課題

※ 役職・肩書きは当時のものです。

このページの上部へ