ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > 音楽文化振興事業
  3. > イベント詳細
開催終了 日本の歌謡史を彩った作家達
シリーズ 昭和の歌人たち 最終回(第36回) 古賀政男
~「影を慕いて」「悲しい酒」~

     800名様無料ご招待(応募招待制)

日時
2018年1月20日(土)
開演(開場)

18:00開演(17:15開場) ※開演および開場時間は予定です。



会場

福生市民会館 大ホール
東京都福生市福生2455番地
JR青梅線「牛浜」駅から徒歩約5分


内容

昭和という激動の時代を舞台に、日本の音楽史に大きな足跡を残してきた作家達に焦点をあて、彼らの作品と人物像を時代背景に触れながら紹介します。最終回となる第36回は、作曲家の古賀政男を取り上げます。
この模様は、NHK BSプレミアム にて
放送される予定です。
 ■ 2018年2月11日(日)19:30~20:59


演奏曲目(予定)


酒は涙か溜息か
  作詞:髙橋掬太郎 作曲:古賀政男

丘を越えて
  作詞:島田芳文 作曲:古賀政男

影を慕いて
  作詞:古賀政男 作曲:古賀政男

東京ラプソディ
  作詞:門田ゆたか 作曲:古賀政男

湯の町エレジー
  作詞:野村俊夫 作曲:古賀政男

無法松の一生
  作詞:吉野夫二郎 作曲:古賀政男

東京五輪音頭
  作詞:宮田隆 作曲:古賀政男


  作詞:関沢新一 作曲:古賀政男


悲しい酒
  作詞:石本美由起 作曲:古賀政男


浜昼顏
  作詞:寺山修司 作曲:古賀政男



出演

■出演予定: 五木ひろし 大川栄策 キム・ヨンジャ 小林幸子 椎名佐千子 
         氷川きよし 三山ひろし
■ゲスト: アントニオ古賀
■演 奏: 栗田信生とJ'sバンド
■司 会: 由紀さおり 石澤典夫

お申し込み方法
(1)お申し込みフォーム  btn_form.jpg  

 

(2)ハガキまたはFAX


【ハガキ】
〒151‐8691
代々木郵便局私書箱118号
JASRAC広報部「昭和の歌人たち」係

【FAX】
03-3481-2189
JASRAC広報部「昭和の歌人たち」係


記載事項

郵便番号
住所
氏名(フリガナ)
年齢
職業
電話番号

希望人数(2名まで)

   

 

   

応募者多数の場合は抽選とし、当選の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきますので、あらかじめご了承ください(招待状は開催日の1週間前までに発送する予定です)。

当協会が取得した個人情報は、音楽文化の振興及び著作権思想の普及に関する事業における応募受付業務、企画の検討・実施及び催物開催告知その他の広報のために必要な範囲以外では利用いたしません。

締切り

2017年12月25日(月)必着


お問い合わせ
JASRAC広報部  TEL:03-3481-2100
 (9:00~17:00 土・日・祝日を除く)



■主催:一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
このトーク&コンサートは、音楽文化の振興と著作権思想の普及を目的として開催いたします。
このページの上部へ