ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > JASRACについて
  3. > JASRACの分配のしくみ
  4. > 使用料が作詞者、作曲者、音楽出版者に届くまで

使用料が作詞者、作曲者、音楽出版者に届くまで

JASRACでは、関係権利者から提出していただく「作品届作品届」「編曲届」等によって、使用料の分配の対象となる関係権利者が誰なのか、また作品ごとに関係権利者間で取り決めている各権利者の使用料の取分がどうなっているかを確定しています。

一方、音楽の利用者からは、使用料の支払いとともに利用曲目の報告をいただいています。この報告にもとづき、使用料の分配対象となる作品が特定されます。

JASRACは、利用者からお支払いいただいた使用料を、まず利用曲目報告に従って分配の対象となる作品に分けます。次に、その作品の作品届等に記載された取分に従って関係権利者の使用料を確定した後、利用形態ごとに定めている管理手数料届出・実施料率表(PDF:135KB)と税金を控除して分配します。分配使用料は、6月、9月、12月、3月の年4回、全関係権利者に送金します。その際、作品別に、利用形態ごとに分配使用料を計算した分配明細書を作成して送付しています。

では、以下に詳しく説明します。

国内で作品が使われた場合

外国で作品が使われた場合

このページの上部へ